URL Notification

説明

ブラウザなどのアプリからページを共有することでそのページのURLを通知パネルに送るアプリです。通知領域からそのページを開くことができます。ブックマークに追加するほど重要でないURLを一時的に残す手段として役立ちます。

ver.2.0.0から通知パネルに送ったURLを履歴として記録することが可能になりました。最近の100件まで記録できます。記録するためには設定画面で有効にする必要があります。

ver.2.0.0からtwicca(Twitterクライアント)のプラグインとして機能することが可能になりました。タイムラインを読んでいて気になったURLを通知パネルに送っておき、タイムラインを読み終えてからURLを開いてチェックするといった用途に使えます。

共有元からタイトルを取得できなかった場合、タイトルを取得するためにインターネットに接続します。

使い方

  1. ブラウザなどから「ページを共有」を選択する
  2. 本アプリを選択する
  3. URL が通知パネルに追加されます

最近の変更

  • ver. 2.3.0
    • タイトル取得処理の改善
    • UIの微調整
  • ver. 2.2.0
    • Android 2.3 以下でも ActionBar 表示
    • デザインの変更
    • 細かい修正
  • ver. 2.1.0
    • 短縮URLを展開する機能を追加
    • UIの微調整
  • ver. 2.0.3
    • UIの微調整
  • ver. 2.0.0
    • 新しいアイコンに変更
    • URL履歴機能を追加
    • twiccaのプラグインになる機能を追加
  • ver. 1.1.0
    • URL を共有できる機能を追加 (Android 4.1 以降)
  • ver. 1.0.2
    • インターネット接続してタイトル取得する場合の通知の高速化
  • ver. 1.0.1
    • まれにタイトルが途切れる不具合を修正
  • ver. 1.0.0
    • 初リリース

ダウンロード


Android app on Google Play